スクリーンショット 2018-01-04 18.56.12.png
 

近年、テキサス州ダラスには企業移転や人口が増加している。また、複合施設の開発や再開発プロジェクトが各地でおこなわれている。ではなぜダラスはこのように注目されているのか?それらを「ビジネス」と「暮らし」の2カテゴリーに分類し、それぞれを6項目に細分化してダラスの魅力をまとめてみた。

 

▼ビジネス

経済

コスト

交通・利便性

人材

パートナーシップ

チャレンジ精神

▼暮らし

生活

住宅

教育

雇用、失業、給与

治安、法律

自然、天候

※各項目のボックスをクリックすると詳細に飛びます※


スクリーンショット 2018-01-04 19.06.33.png
 

①経済

22.png

ー本社移転 FORTUNE500企業がダラスに本社移転するフォーチュン500企業が増加し続けている。

2014年位はFORTUNE500企業の本社が19社。2017年には23社に増加。

 <ダウンタウン・ダラスで最も高いビルとなるスマートディストリクト開発>

<ダウンタウン・ダラスで最も高いビルとなるスマートディストリクト開発>

ー開発 ダラス内では数多くの複合施設開発が行われておりその需要を支えている。その背景には経済成長の環境が整っていると言われ、企業の成長機会が注目されている。

ー全米成長トップランキング ダラス北部に位置するフリスコ市は2017年に最も経済成長した米国都市ランキングで1位に選出された。

ー人口増加 ダラス成長の裏付けともいえるのが人口増加の速度。2010年から2015年の5年間の人口増加は約65万人を記録した。2016年には米国で最も人口増加した地域ランキング1位となる。 2017年の人口は約700万人を越える。

3.png
 
2.png
図1.png

ー人口流入 ダラスには他州から毎日平均400名が転入している。

図1.png
 

ー人口増加予想 今後も人口増加は続く傾向にあり、2040年には1,000万人に到達することがCensusレポートで予測されている。

スクリーンショット 2018-11-15 13.28.50.png
 

ー経済の活発化 企業の本社移転。人口増加、それを支える複合施設開発。今後も継続した需要があると予想され、ビジネスの成長機会が益々増加する地域へと変貌して経済活動が活発化する事が見込まれている。

<トップに戻る>


②コスト

2.png

ーオフィス価格 ダラスの平均的オフィス価格では$25/sqft。ニューヨーク(マンハッタン)では$78程度と$53/sqftの相違がある。スクエアーフィート(sqf)を日本の平米数(㎡)に換算計算はスクエアーフィート(sqf)×0.093=平米数(㎡)(500sqfの場合500×0.093=46.5平米) 坪数換算は、平米数×0.3=坪数46.5平米×0.3=13.95坪となります。

ー土地価格 広大な土地があり今後建設する場所確保しやすい。土地と建物の比率は30:70程度で日本では土地建物比率は70:30と価値が逆転するので建物の原価償却価格も高額となる。

ー税金 州法人税や州個人所得税はゼロであり、主要都市のカルフォルニアやニューヨークの課税率と比較すると大きな違いがある。(米国で8州が個人所得税がかからない州でテキサス州もその1州である)

ービジネスコスト ダラスでは89.7,ニューヨークは100.4,カルフォルニアでは113という指数も発表されている。

<トップに戻る>


③交通・利便性

3.png

テキサス州は全米の中心に位置しており、飛行機で東西南北へ約3時間で移動が可能な立地。各拠点へ移動や時差を活用して連絡取る事が効果的に行う事が可能。ダラス在住者の平均通勤時間は約27.5分。又、世界各地へアクセスおよび物流を行うDFW国際空港がある。日本直行便は毎日3便運航中。中南米やヨーロッパ直行便も増加して利便性が良い。世界で最も交通量のある空港トップ10。更に空港と主要地域を直結する全国で最も長い線路を誇る軽鉄道およびバス路線「DART」をはじめ、高速道路などのインフラ設備の拡大に力を注いでいる。

<トップに戻る>


④人材

4.png

ダラスには良質な学校が多く存在している。その結果、優秀な人材が揃っている。過去から産学一体でこの仕組みを構築した背景があり人材育成基盤が整っている。学校区の税制度は他州より多めの税率として人材育成の仕組みが構築されている。また、ダラス在住者の30%以上が、学士号(4年制大学の学部卒業)を取得しており、80%以上が高等学校を卒業している。

<トップに戻る>


⑤パートナーシップ

5.png

ダラスには優秀人材を育てる基盤があり、それらの人材がスタートアップ企業多く設立している事でも知られている。すでに多くの企業が業務提携やM&Aを繰り広げている。地元の企業とパートナーシップを作る良い機会が構築できる素質がありビジネスを協力して成長させる可能性を秘めている。

<トップに戻る>


⑥チャレンジ精神

6.png

ダラスの魅力を複数項目分類してみたが我々が注目したのは「チャレンジ精神」。優秀な人材を過去から育成する産学協同に夜仕組み。そこから自主性と挑戦力を持った学生が排出されている。従い「チャレンジ精神」をあえて1分類としてみた。それを裏付ける記事や多くの方々からこの言葉を耳にしたのは印象的な魅力の1つであるとも認識したからである。ダラスが北米の他都市と比較しても多種多様な方々が集まっており、48.8%白人、ヒスパニック28.0%、アフリカンアメリカン14.8%、アジアン5.9%、その他0.1%。また、全体の17%が北米外で出生していることもわかっている。そのためか従来から「新しいものを受け入れる風土土壌」が強い気がしてならない。例えば、北米市場で新商品や新サービス提供する際に飲食店の新メニューや新デリバリーサービスのテストエリアとして選出都市となることは日常茶飯事。言わば全米の中心に東西から進出してくる企業のテスト市場にもなっていると言っても過言ではない。数年後にはダラスとヒューストンに新幹線を走らせる計画が進行中。次世代音速列車ハイパーループの走行ルート候補地としても選出。空飛ぶタクシー(Uber)の試験場所として選出されるなど、大規模なチャレンジが受け入れられる土壌がある市場ではないだろうか?

<トップに戻る>


 

このようなビジネスメリットは企業にとって魅力的であり、各社がダラスに本社移転・オフィス新規設立する傾向が多く見られる事が頷ける。企業増加、雇用増加、経済発展に繋がる。ダラスの人口増加は2040年に1,000万人超過が予測されている。

ビジネスフレンドリーな環境は企業にとって大いに魅力的である。では、人口増加に関しては、それ以外にも理由がある。たとえば、従業員に「豊かな暮らし」を提供できる生活環境が整っている地域であれば、より健康な生活環境が出来上がり、発想力も自然と豊かになる。プライベートが充実している分、ストレスフリーになり、ビジネスの成功率が上がる可能性も高い。会社は誰のもの?という議論で「株主のもの」という時代が過去にあった。現在は、会社は従業員あってこそ成長が望める。と従業員第一主義になっている。その従業員の満足度向上して仕事の成果十分に発揮する環境を作るには「豊かな暮らし」が必要である。以下の項目は、ダラスの魅力が「豊かな暮らし」に貢献している。

ダラスが「豊かな暮らし」を提供できる理由は大きくわけて6つ。#生活、#住宅、#教育、#雇用、#政治法律治安、#自然・天候。

 

スクリーンショット 2018-01-04 19.09.32.png
 

①生活

b1.png

ー生計費(COL指数) ダラスでの生活は、他州と比較した際、全体的に安いことがCOL指数によって確認できる。(ダラス=100.4 / ロス=142.3 / マンハッタン = 228.2)。

ー食事 多国籍料理が集まっており、様々な国の料理を楽しめる。

ー移動手段 高速道路やバス路線の拡大、uber普及などインフラ設備も整っており、交通・利便性が充実している。

ー税金 州所得税が課せられない。

ー医療施設 人口増加に伴い、病院施設も増加中。より多くの出産に対応するために病院増設する動きもみられる。また、ダラス国際空港には全米初となる空港内の病院も開設されている。

ーエンタメ 勿論、エンタメの施設も常に増えている傾向にあり、スポーツ、音楽、アート、アニメなどの施設・イベントが頻繁に開催されている。

<トップに戻る>


②住宅

b2.png

ダラスは新規住宅の建設が多く新築で良質な物件がある。S&Pケース・シラー住宅価格指数によると、ダラスの年度別住宅価格指数は2012年から毎年上がっており、現在でも右肩上がりである。

<トップに戻る>


③教育

b3.png

ダラスには良質な学校が多く、教育レベルが高い。テストの平均点数は全国平均の31%より高い。また、全国平均全米のトップランキングの発表に軒並みランキングに入る。生徒以外にも教師の質や課外活動が充実している。また、子供向けの施設(託児所、習い事施設、遊び場、図書館)も多く存在する。

<トップに戻る>


④雇用、失業、給与

b4.png

ー雇用、給与 優秀な人材が多く、雇用率と給与も比較的高い。ダラスの平均給与は約6万ドル。

ー失業 労働力の確保がしやすく、失業率も低い(失業率3.9%)。また、ダラス在住者の30%以上が、学士号(4年制大学の学部卒業)を取得しており、80%以上が高等学校を卒業している。

<トップに戻る>


⑤治安、法律

b5.png

ー治安 ダラスは他州と比べて犯罪発生率が低い。例えば、全国のほかの都市よりプレイノ市は37%より安全であり、フリスコ市は46%より安全である統計が発表されている。

ー法律 市民にとって安全面を重要視した法律がある。例えば、車を運転しながら携帯を触ることを禁止する州法など、交通安全性を高めることに注力している。

<トップに戻る>


⑥自然、天候

b6.png

ダラスは広大な平地が多いため、安らかな気持ちにさせてくれる風景が多い。自然と緑の量と共に、公園の数も多い。また、テキサスと言うと、砂漠で灼熱している天候を想像する人が多いが、ダラスには四季がしっかりある。年間平均気温は24度/13度。汚染指数は全国平均より27%低い。

<トップに戻る>


 

このように個人が豊かに生活するためのメリットが揃っているため、地域の人口増加に繋がっていることが推測できる。広々とした地域に住むことで、心も身体も余裕をもてる。主観ではあるが、安らかな環境の影響か、人々も比較的親切だ。例えば、コーヒーショップで並んでいる同士で喋り出す、困っている人を助けるなどの光景をよく目の当たりにする。テキサス州ダラス周辺には企業のみならず個人をも惹きつける数多くの魅力があり、今後もよりたくさんの注目を集める場所と成長していくだろう。