米アマゾン、ホールフーズ買収で北テキサスにもたらす影響とは?

今月、米アマゾン(Amazon)が米ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)を137億ドルで買収したが、北テキサスにはどのような影響を与えるのだろうか。

まず、ホール・フーズは北テキサスに13店舗を所有している。同店がこれだけ密集している地域は全国でみても稀なケースのため、売り上げに貢献している地域という認識だ。その結果、同地域では新たなマーケティングや新商品テストを行う場所として使われることが多々あるようだ。

専門家によると、アマゾンの買収によって、今後、北テキサス店舗で新たなテストが行われる可能性が高いと言われている。例えば、アマゾンは低価格競争を仕掛けるとともに、ホール・フーズの商品展開を拡充し、より幅広い小売り業態を目指す。そのため、今までホール・フーズでは取り扱いがなかったような日用雑貨(ティッシュやペーパータオルなど)が新たな商品が陳列される可能性がある。また、競合他社に対抗するために価格を変動させたり、徐々に普及している宅配サービスに力を入れるなどの動きがみられるだろう。

Reference